<% content.header -%> <% content.free.text %>
<% content.footer -%>

2006年07月28日

口説き方・誘い方☆モテテク2

今回の心理学の講座も前回に続いて誘い方をシンリガクするだよ♪
今回はちょっと迷っている相手の誘いかたからやるね

アナタが気になる相手を誘ったけど相手が迷ってる場合は
”二者択一効果”ってゆうのを使うといいんだ

例でしめすと
あなたと食事にいくかどうか迷ってる相手に

男:おいしいフランス料理の店と夜景のすごいきれいなバーどっちがいきたい?
女:えっ、夜景のきれいなバーかなぁ
男:あー、俺もバーがいきたかったんだよねぇ、よかったぁ趣味が同じで
女:そーなんだぁ
男:うん、じゃあ食事は夜景のきれいなバーでキマリだね( ̄ー ̄)v

ってゆう感じ
この場合相手はあなたと食事にいくかどうかに迷ってたんだけど
いつのまにかバーをえらばされちゃってるよね
これを選んだことで”食事に行く”ことはもう決定されちゃったんだ

ただデートしたい場合でも、

男:最近楽しいとこどっかでかけたー?
女:んー、あんま出かけてないかも
男:ディズニーとさ、お台場って超べただけどどっち楽しいと思う?
女:やっぱディズニーだよね
男:じゃ、日曜いっちゃうか

こんな感じで相手を自分の望む方向にもっていきたいときは
その方向の中で選択肢を二つくってあげてそれを選んもらうんだ
そーやってその方向に進むってことを決定づける(暗示させる)
相手も自分で選んだって錯覚しちゃうし断りづらくなるんだね

さらにダメ押しが”俺も同じ”とか”よかった一緒だ”みたいな
共感なんだ

一息ついて応援ポチっをよろしく♪人気blogランキングへ

これは類似性の法則だよね(7/18の記事で詳細解説)
人は自分と共通点がある人に好意をもつんだったでしょ
さらに同じことをみつけたときは”同じだ”ってことをアピール
しなきゃだめだったよね!?ちょっとオーバー気味でもいいからさ
そしてちゃんと”同じで良かった”ってことも表現してちょ
それによって好意を抱いてることもつたわるからね☆

二者択一効果はよくできるセールスマンとか服のショップの店員さん
がつかうんだ
逆に”何をお探しですか?”
なんてあまりに広い質問は”二者択一効果”と比べて
時間もかかるし成功する確率もひくいコトがわかるよね?
なにも意識しないで入った場合とかも”何がほしいか”なんてワザワザ考えなきゃいけなくてめんどくさいしうざったいでしょ?(  ̄д ̄;)
自分の中でちゃんとパターンをつくっておくと結構どんな交渉事にも
応用がきくよ☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21523521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。