<% content.header -%> <% content.free.text %>
<% content.footer -%>

2006年09月05日

フレルことからはじまるアイ☆

最近、毎日子供が親を殺したの、親が娘を虐待したのってホントありすぎだよね?GAKUは子供が好きで、まぁ、恥ずかしいけど親もちょっと尊敬してて(そりゃたまにむかつくこともあるけどね・・)だからその感覚が信じられない。でも、信じられない、わかんないじゃなにも進歩がないからね。よく言われる”心の闇が深い”なんて言って思考ストップじゃいけないと思うんだ。

その人達がそこに至るまでにはやっぱりいろんなことがあって、環境とかいろいろな要因からそういうことになったんだと思う。一つの原因になんて絶対に絞れないとは思うよ。GAKUは、まだ子供もいないしね・・・・ただこのブログは、同じぐらい年の人たちが、見てくれてるからさ、どーしても知っといてほしいことがあってさ。なので今回は親子関係での”スキンシップのチカラ”です☆

昔の研究で赤ちゃんサルの死亡率を下げる為に、生まれた直後に母猿から引き離して金網の檻の中で飼育したんだ。合成ミルク、完璧な栄養配分でいつでも赤ん坊の面倒をみれるから死亡率がさがるって思ったらしい。でも、やってみると死亡率は下がらないし、さらにそーやってそだった小猿は問題行動を起こすことが多かったんだって。ちなみに母親に育てられて方はそういうサルは一匹もいなかったんだ。

また隔離されて育てられたサルは
・他のサルの表情を読み取れない
・無駄に怯えたり、逆に攻撃的になる
って結果になった

これってどーゆことかわかるよね?母親からのスキンシップでサルは、仲間のつき合い方とか、距離のとり方を学ぶんだ。人間にも当てはまるとおもわない?

ちなみにこの問題行動をおこしたサルが母親になった時、子供に無関心だったり、つきとばしたりしたんだって。これは人間の虐待の連鎖の構造と一緒だよね。虐待されて育った子は自分の子にも虐待してしまう傾向がつよい。とても切ない連鎖じゃない?

また親側でもうまれてすぐに赤ちゃんにふれないと愛情表現が高まらないんだって。母性本能で母親は無条件に自分の子供を愛することができるって思われてるみたいだけどそれとは別の視点の見方。身体心理学っていうのがあるんだけどこれは簡単に言うと”楽しいから笑う”んじゃなくて”笑うから楽しい”っていう考え方。こころより先に行動があるっていう感じかな。

この考え方から親もうまれた自分の赤ちゃんに触れる事によって愛情がうまれるってことになるんだね。これは父親も一緒でなるべく24時間以内に触れる事が大事なんだって。もちろんこれが百パーセントってわけではないと思うけどなんかわかるような気がしない?


続きを読む前にはポチっと応援よろしくね♪♪人気blogランキングへ

実際、これから子供を産む女の子へとっておきの情報があるんだよね☆早いうちから子供に触れた父親は、そうでなかった父親よりも育児への参加率が高いし、それからの子供への触れる頻度も高いって調査があります。女性は、育児でラクをしたかったら早めに旦那を赤ちゃんに強制的に触れさせよう(笑)ってかそれはきっと素敵な家庭への一歩だよね(〃∇〃)

ちなみに
ちっちゃい頃のスキンシップ不足→成長してからキレやすい
・特に”抱っこ”や”頬ずり”などコミュニケーションを意図したスキンリップが不足→言葉の攻撃性増
・特に”添い寝””一緒にお風呂”など全身のスキンシップが不足→落ち着きがなくいらだちを高める
っていう調査結果もあるんだ

どんだけ小さい頃のスキンシップが大事かわかるでしょ?

とにかく幼少期のスキンシップは親子関係の向上、親子双方のストレスの軽減、子供の反応が良くなる、よく眠る(夜泣きしない)、広い意味でコミュニケーション能力の向上とかいいことだらけだから率先してやるべし!!ちなみにこれも親のひとりよがりじゃなくてちゃんと子供の反応をみながらやること☆

とくに女の子は中学ぐらいになると父親と一気に距離をおく傾向があるけどこれもスキンシップ不足も一因かもしれないよね?娘といつまでも仲良くしたかったらモノでご機嫌をとるようになる前に、積極的にスキンシップだ☆がんばれ親父、そして未来の俺!!(笑)

また最近はただふれるだけじゃなくてタッチケアっていって赤ちゃんへのマッサージをすることで効率的で効果的なスキンシップのいいとこどりな方法も開発されてるみたいだから興味のあるかたはGO!!

それとマッサージは何も親子だけに有効なもんじゃないよ☆夫婦でもカップルでもそれ未満の関係でも使えるよん (*^^)'-'*) ♪フレル事で相手にも癒しと愛情を感じてもらえるだけじゃなくて、自分の相手への愛情も深めるからね☆上手い下手は関係なし!!盛り上がってその先に行っちゃうのもとめません、だって愛はノンストップやからねぇ(笑)


ピチピチのお肌に触れられたいよね♪
⇒ラブコスメ商品の詳細・購入はこちら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。