<% content.header -%> <% content.free.text %>
<% content.footer -%>

2006年07月18日

やっぱり最初は自己開示の法則で♪

今日からはじまったGAKUの心理学講座♪
っていってもそんなに堅苦しくはやらないけどね(* ̄∇ ̄*)
GAKUが勉強してきた心理学とそれを実際の生活で試したりして
思ったことも交えて書いてくからホントの心理学と多少ずれるかも・・
まぁ、でもそこは愛嬌とおもって見るときは暇つぶし程度に
コンビニで雑誌でも立ち読みしてく感じで読んでちょ
信頼度的にはFRIDAYとかそれぐらいの感じでね(笑)

そして記念すべき一回目は”自己開示の法則”☆
よく言われているからきいたこともあるかもね
まぁ、こむずかしくいってるけど要は
相手に自分の趣味や過去の体験など個人的な話をすると相手が
親近感を感じやすく友好的な関係をきづきやすいというもの
学校や職場で優等生的な発言ばっかでプライベートな事を話さない奴より
昨日こんなことあってさー的な話とか個人的な趣味をばんばん話す人のほうが好かれてたでしょ
特にそれが恥ずかしい失敗談とか彼氏、彼女との悩みとかだと
ああこんな事話してくれるってことは信頼してくれてんだなみたいな感じで
好意をもっちゃったよね?
これが自己開示の法則☆
またこの法則は逆にみると自分の事をあまり喋らない人は自己開示を
まったくしないから防御がマジ固い人。
ってことは他人をまったく信頼できない人ってことになるんだよね
なんか過去に裏切られたことがあるのかもしれない
もしくは誰もきいてくらないってひねちゃってるのかもしれない
でもほんとはみんな自分のこと話したい、信頼関係をえたいって
思ってるはずだからこーゆー人と仲良くなりたい場合は自分から
どんどん自己開示してすこしずつ心のガードをといていってあげましょう

さてせっかくなので最初はGAKUについてちょっと
自己開示してみてる人の好感度あげときます(笑)
GAKUは年は25歳、学校を卒業してからフリーターやってた時期も
ながかったから実はまだ社会人1年生( ;; ̄3 ̄)
GAKUは好奇心旺盛なので楽しそうと思ったことには
絶対やりたくなっちゃてかなりいろんなことに手をだして
ふらふらしてました
フリーターやってた時期は、音楽関係の接客の仕事や海の家、バーテンに
キムタクのビューティフルライフに感動して美容師とかね(笑)
ええ、みんな気づいてる思うけどGAKUはどがつくミーハーだよ
あとは夜系もっていろいろやってた(−∇−)
ほんとに人と話すことが好きで接客業しか今まではやってこなかったね
でも人好きで友達はもともと多かったんだけど
やっぱり人間関係で悩むこともおおかった( ̄□ ̄|||
ちっちゃいころは親とじいちゃんばぁちゃんがいつもケンカしてて
あいだにはさまれていろんな思いもしたしね
両方ともすきだったからマジなやんだし
GAKUはその間でバランスをとることとか空気をよんで
ちょっとでも笑わせるように、場の雰囲気が悪くならないように自分のことだけどけなげに努力してました(笑)

そんなこともあって人間関係のことをいろいろ学べるからって
ことで心理学に興味をもって勉強したんだよね
おかげでかどうかはわからないけど接客系の仕事で
指名11ヶ月NO.1☆とったりとかしてたね(≧∇≦)

ただGAKUの考えとして心理学ってのはあくまで心理学だから
こればっかり本とか読みあさってこもって勉強しててもダメだとうんだよね
心理学の本を何時間も何日も読んでみるより実際に友達に電話したり
集まってみんなで笑ったり泣いたり傷ついたり傷つけられたりして
あなたなりに学んで実践したことからわかるのがマジな心理学だと思う

心理学ってのは相手をわかろうと理解しようとする学問だからさ
マジこんな自分のことばっか考えてる世の中ですてきな学問じゃない?

心理学はマジに勉強すると結構相手のことがわかってくるし
簡単な誘導ぐらいなら誰でもできるようになるしさ
ただそこからが問題だよね
どう使うか
しつこいかもだけどあくまで心理学は道具だから
その道具をどうつかうかはあなたしだい
ただ俺的には信頼関係をきづくために
コミュニケーション能力をたかめて世界を広げるきっかけに
あなたと出会えたことをよろこばれるような使い方をしてほしいよ

そんであなたもふくめてまわりのみんなみんなが
ポジティブな方向、プラスな方向にもっていけるような
使い方をしてほしいんだ
ってアツく語りすぎかな?(笑)

自己開示の法則で自分の個人的なことを話そうと思ってたら
ハッスルしすぎちゃったね(°_°;)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。